樹木葬のすすめ
新しいペットの供養、埋葬の形

ペットがもし亡くなったら、以前は庭などに埋めて供養するということが一般的でした。
近年は「ペット火葬」という言葉が定着し、わたしたちの家族のペットは人と同様に火葬してあげることが当然となってきました。

現在の法律では、人と違い、こうしなければいけないというものが、ペット葬儀の場合残念ながらありません。

そこに新しい方法として、ペットの新しい葬送のひとつとして墓石のかわりに木を植え、花を植えてお墓にするというものが生まれてきました。
これがペットの樹木葬といわれるものです。

すべて生き物は地球の一部であり、自然から生まれ自然に還るという考え方の一環であるといえるでしょう。

ペット葬儀のいろいろ〜樹木葬、お花畑葬(petsougi.net)

明るく清潔な納骨堂

榊ノ森ペット霊園では、共同納骨でお預かりした場合、1年または3年後、粉骨し、榊の森に散骨する樹木葬を行っております。
この樹木葬というスタイルが自然に還したいという飼い主様に共感を持たれています。


完全個別火葬
樹木葬のすすめ
龍踊りについて
精霊流しについて
たのんで安心
全国ペット霊園協会
優良霊園
九州ペット霊園協力会
facebook